池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

ハロウィン狂想曲

ハロウィン狂想曲

お祭り好きの日本人らしく、年々ハロウィンも派手になっていく。
日本の祭り同様、存分に楽しめばいい。

しかし、その「作られた」イベントの中で、
作った方の「隠された」意図を知っておくことも、
彼らの罠に入らず、子供を彼らの毒牙にかけないために大切なことである。

端的に言えば、彼らの狙いを一言で言えば

「豚は太らせて食べる」。

要は、
「病気にして」医療、薬で儲ける。


まず、ハロウィンの起源をおさえておこう。

ハロウィンの語源は、「諸聖人の祝日の前夜」を意味する。
「All Hallow's Even」が短縮された「Halloween」で、「Hallowe'en」とも表記される。

ハロウィンの由来は、古代ケルト人の秋の収穫感謝祭に起源があると言われる。
私の勝手な想像では、ムーから受け継いだ日本の古代縄文人の流れの一つと思っている。

その古代ケルト民族の1年の終わりは、10月31日と定められ、
この夜には死者の霊が親族を訪ねたり、悪霊が降りて作物を荒らすと信じられていた。

そこから、秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す祭りが行われるようになり、
キリスト教に取り入れられて、現在のハロウィンの行事となった。

ハロウィンには、「Jack-o'-lantern(ジャック・オー・ランタン)」
と呼ばれるカボチャをくり抜いて顔を作った中に、蝋燭を立てた提灯が飾られる。

これは死者の霊を導いたり、悪霊を追い払ったりするための焚き火に由来すると言われる。
まさに、日本のお盆の「迎え火」や「送り火」に近いものがある。

要するに、日本の盆祭りであり、
神社が殺した政敵等の怨霊を鎮めるものが多いことと通じる。

実は、本来のキリスト教も日本の古代縄文人の流れから生まれたものであり、
聖書物語も原点は日本の古代史にあると指摘する声がある。

そのハロウィンでは、仮装した子供達が
「Trick or treat!(お菓子をくれないといたずらするぞ)」と言って、
近所の家からお菓子をもらう。

この由来は、農民が祭り用の食糧をもらって歩いたさまを真似たものと言われる。

私も中学卒業まで愛媛の田舎で、
秋祭りに「唐獅子(獅子舞)」の太鼓や笛をやって常会の全戸を回って、
おひねり(祝い金)をいただいたことを思い出す。

お金なら彼らの魔の手に利用されることはなかったと思われるが...。
つまり、ハロウィンのこの「慣習」を悪用したものたちがいる。

本来は、各家庭の手作りのクッキー等が子供達にプレゼントされていた。
そこに目を付けたのが、「白い麻薬」と言われる精選された砂糖の業界である。

当時は、砂糖が彼ら世界金融支配体制にとっては、稼ぎどころでもあった。
彼らは、支配下にあるメディアを使って大々的なキャンペーンを行った。

つまり、
「手作りのお菓子は不衛生で腐りやすい。
 砂糖を使ったキャンデーなら美味しく
 いつでも安価に大量に作れ、さらに腐らず衛生的」

こうして、米国を中心に、その支配下にある国々で、
精製された砂糖の形を変えたお菓子がハロウィンで配られるようになった。

精製された砂糖を幼児から食べることによって、
「味覚異常」になり、極端な甘みがないと美味しくないと感じる様なる。

しかも中枢神経を麻痺させ、常に甘いモノを欲するようになる。
まさに、「白い麻薬」と言われるゆえんである。

この結果、幼児から成人病への坂道を真っ逆さまに下り落ち、全国民総癌化社会となる。
本家本元の米国の極端な甘いケーキと超肥満児がその象徴である。

そして、かれらの「医療体制」が、
抗ガン剤治療を筆頭に様々な薬代等で、お金を搾りとる。

最近は、様々な「予防ワクチン」で病人のみならず、
全国民から搾取しながら病人にする巧妙な手口となっている。

日本では、65歳以上のお年寄りに
肺炎球菌の予防キャンペーンを行う異常さである。

まさに、「豚は太らせて、食べる」

ちなみに我が家の4人の子供は、誕生日のケーキも妻の手作りで育った。
だからおみやげで頂く市販のお菓子は甘すぎるのか口にしない。

お陰で病院知らずの健康である。

 ハロウィン狂想曲の中で、

   何が真実かしっかり見極めて、

     大事なお子さんを口養生で守る賢いお母さんになってほしい。

●11月20日
鳩ヶ谷勉強会
http://ikedaseiji.info/2015/11/post-372.html

●11月30日
 池田整治さんから学ぶ世の中の仕組み、日本の真実
 https://www.facebook.com/events/1121856834492914/1122730104405587/





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード