池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

辺野古基地建設容認への道

非常にわかりやすい構図でした。
 
 つまり、都知事辞任劇から、沖縄県知事による辺野古基地建設容認は
一連のシナリオであった、というものです。

 世界金融支配体制にとって、新・辺野古基地は絶対的に建設しなければならない、
という命題があります。

 それは、短期的には建設費等名目で、
日本から税金を形を変えて吸引することであり、
また将来にわたって彼らの支配体制を堅持するためです。

 建設推進のネックが、地元住民の意思です。
住民そして国民が反対すれば、外国に基地を置くことはできません。

完全に軍事制圧し、親米政権であるにもかかわらず、
イラクに米軍基地を維持することはできませんでした。

沖縄を視察にきたイラク人たちが、
「イラクを日本の二の舞にしてはならない」と、
治外法権を認める「地位協定」に反対し、
米国はやむなくイラクから撤退したのです。

 その名護市民の意思が問われる市長選が1月16日に行われます。

0.1%の国土に73%の米軍基地が置かれている沖縄県人にとっては、
なんでまた新たな基地を作るのか、全く腑に落ちないに違いありません。

良識ある日本人なら誰でもそう思うでしょう。
嘉手納等代換えの既存巨大基地群が沖縄にはまだあります。

市長選では、基地反対の候補者が勝つ予想でした。
そうなると、米国といえども無理強いができなくなります。

 だからその前に「知事」に「認可」させる必要があったのです。
仲井眞知事は、知事選挙において、当落が分かれる微妙な最終段階で、
徳州会から絶大な支援を受けています。

そこで、徳州会問題で猪瀬都知事を落として、
仲井眞知事に無言の圧力をかける。

非常にわかりやすい構図です。

 さらに大きな舞台装置としては、尖閣問題を惹起し、
中国の軍部を動かして、一方的に対日用防空識別圏を設定する。

そして、対中国脅威に対処するため、
米軍の強化、日米同盟強化もやむを得ないと、
日本国民にメディア誘導するわけです。

未来の子供たちのために、複眼的、戦略的に物事を
判断しなければなりません。

知らず知らずに病弱化されて、人口削減されながら
お金だけは収奪されてしまった・・・とならないために。

お互い、口養生と、電磁波対策で
健康な未来を築きましょう^^

さて、今年のメルマガは、これが最後となります。

年末年始のお時間のある時に、是非、14年間のエッセイが
ある「池田文庫」もお楽しみください。

では、よいお年をお迎えください・・・!

★電磁波対策......細胞等にもっとも影響を及ぼす超低周波を、遮断でなく、
自ら発するアルファ波で周辺を癒しの場に変えてくれる増川いづみ博士開発の
「テクノAO」をおすすめします。
臨床試験に資財17億円を投じた、
世界唯一の第3者機関の実証済みの電磁波対策グッズと言えます。
私の公式HPからその原理等をご確認下さい。

 http://ikedaseiji.info/tecnoao/
 (テクノAO:池田整治HPから)

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
◆池田整治 
 公式HP: http://ikedaseiji.info/
◆東藝術倶楽部顧問
◆美し国 副代表 http://umashikuni.co.jp/index.html
◆池田整治監修の防災セットはこちら http://ikedaseiji.info/bousaiset/
◆『目覚めし「ヤマト魂」たちよ、地球「最後の戦い」が待ってるぞ!』 (ヒカルランド)
◆『[親米派・親中派]の嘘』 (ワニブックス)
◆『ヤマトごころ、復活!』 (新日本文芸協会)
◆『今、「国を守る」ということ 日米安保条約のマインドコントロールから脱却せよ』 (PHP)
◆『ついに来たプラズマ・アセンションの時』 (ヒカルランド)
◆『脱・洗脳支配』 (徳間書店)
◆『マインドコントロールX 国防の真実』 (ビジネス社)
◆超マインドコントロール2 日本人だけが知らない! 日本と日本人の凄さ!
◆『超マインドコントロール』 (マガジンハウス刊・アマゾン総合第2位を記録)
◆『原発と陰謀』 (講談社)
◆『マインドコントロール』 (ビジネス社)
◆『マインドコントロール2 ~今そこにある情報汚染~』 (ビジネス社)
◆『転生会議』 (ビジネス社)
◆『心の旅路』(新風舎)(新日本文芸社:改訂版)
◆『なかったことには出来ない話』(新日本文芸協会)
◆写真集『今を生きて~ガイアからのメッセージ』(新日本文芸協会)
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード