池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

神迎祭そして京都、神戸、甲府へ

11月5日、出雲の神迎祭に参加してきました。

 暦の上では、10月は神無月といわれます。
全国の神様が、年一度出雲に集まって休まれます。
だから、この月に神社に神頼みにいっても無駄です^^

 逆に、神様の集まる出雲では、この期間を「神在月」といいます。
「神迎祭」は、まさに神様を迎える大切な神事です。
 
 もっとも、全て旧暦で行われます。
実は、旧暦(太陰暦)の方が、四季折々の季節変化と人間活動とがマッチングしているのです。
 そういうわけで、今年の「神迎祭」は、太陽暦で11月5日でした。

 5日の昼過ぎに、羽田から「美し国」運動のメンバーと出雲縁結び空港入り。
 早速、先回お世話になった「磐笛創作家」の田中氏の出迎えを受け、出雲大社に。

 かなりの人混みと交通量ですが、今回の三日間も、
田中氏の永年の体験と「感ピューター」で抜け道を活用、
軍隊用語でいう「定時定点」にしっかりと案内していただきました。

 昼間の明るいうちに、夜の神迎祭後の集合場所を確認。
 と言うのも、あとでわかりましたが、真っ黒な人混みの中で
仲間とバラバラになることがわかっているので、「集合場所」だけを
現地現物で各人の頭に入れたわけです。
 これこそ、災害等を含めた「危機管理」の原点です^^

 ちなみに、初めて私も家族それぞれに出雲大社の「お守り」を購入しました^^

 そして、先ず、出雲大社から約1kmぐらい西の稲佐の浜へ。
 ここに全国の神様が上陸されます。ここで、夜出迎えるわけです。

 その露払いとしして、菅家代表の導きのもと、
美し国のメンバーで「禊ぎ」を行いました。

 私にとって海での禊ぎは初めての体験でした。
 小雨が時折降りましたが、思ったより寒くありませんでした。

 神事を始めると、どこからともなく、カメラマンが集まってきました。
あとで名刺交換すると、出雲の観光大使の方もいて、名刺の裏は昨年度の
フォトコンテスト入選写真が印刷されています。

 『ん!どこかで見た風景?』
そうです!昨年の我々の禊風景でした^^

 実際に海に入ると、底の砂が波の形に結構硬く引き締まってました。
通常首まで海に浸かって禊ぎ神事を行うようですが、稲佐の浜は結構遠浅です。
そこで波打ち際から50mぐらいのところで、四股立ちの感じで屈んで行いました。

 祈りを捧げるうちに、まさに、海、自然、神様と一体化した感覚になりました。

 露払いの禊ぎ行を終えると、とりいそぎ、着替えと軽い夕食に市内のホテル等へ。
 暗くなって稲佐の浜に引き返すと、もう車と人でいっぱい。
 我々2台の駐車場もありません。

 ところが、禊ぎをした場所からまっすぐ海岸の道路を横切ったところの家の前を
通りかかると、家の主婦と思われる方が立っていて、手招き。

 家の前にちょうど2台分のスペースがあり、我々に「ここにとめなさい」と・・。

 これにはビックリ。
 
 なぜなら、駐車場を求めて道路上を渋滞常態でノロノロ走っている車の列の中から
我々の車を「偶然」選んだとも思えません。
 しかも、車を止めてお礼を述べようと思ったら、もうそのご婦人がどこにもいません。

 ひょっとすると・・出雲の神様のはからいかも知れません・・・

 そういうわけで、真っ暗な中を、昼間に禊ぎをした浜に皆で行きました。
 もちろん、真っ暗な中で、人人人ですから、はぐれないようにしっかり皆で
手を繋いで行きました。

 今回、5人の美女軍団と同行しましたが、この時は両手に花常態。
 中学卒業後、自衛隊に入ってますから、それ以来の「もて」よう??
 この時も、出雲の神様に感謝^^

 浜辺では、かがり火を焚いて、神様を迎えます。
 禊ぎが功を奏したのか、雨も上がり、雲間から月も見えます。

 そして・・・
 神様方が到着するときに、それまで凪いでいた浜が
 突然に、、ザザ~と波が・・・。

 こうして、出迎えた神官の方々が出雲大社に神様方をお連れして
出雲大社で「神迎祭」の神事が行われました。

 その神事は、「幽玄」としか言いようがありません。
 まさに、縄文の時代から続いてきていることに、感謝の気持ちしか湧きません。

 2日目は、地元の福島家での年一度の神事に参加。
 地元の方々の尊敬を集めていた宗家の姉亡き後、
 妹さんが祀っており、神迎祭に訪れた菅家先生が年1回しっかりと
古神道に則って祀っています。

 午後からは田中氏の案内で、秋の深まる浮布池等で出雲の自然を楽しみ
夜は、三瓶温泉の露天温泉でゆっくりくつろぎました。

 そして、三日目は、須佐神社、日御崎神社や、猪目海岸などでお祈りを捧げながら、
最後に、縄文から続いている磐座で、最後の神事を執り行いました。

 お祈りを捧げるうちに、心は、縄文人になった気がしました。

 改めて、日本蘇りのために、真実を語り伝え、一人一人の心の目覚めに
役立ちたいと思います。

 この出雲三日間の心の旅の写真を
HPのPHOTO アルバム「整治」に、
「神迎祭」として載せております。

 「10月の日々の情景」ともどもご笑覧ください。

 なお、心も新たに、13日から、京都、神戸、甲府で講演します。
その直前の12日には、長野白馬での五井野博士の勉強会にも参加してきます。

 その新情報ともども、是非講演をお楽しみにお越し下さい。
 14日の神戸での講演会は、京都に引き続いてにんげんクラブ兵庫代表の
山内さんが行います。午後からの予定です。細部は彼女にご確認下さい。

*************************************
 
にんげんクラブ京都支部勉強会

池田整治「マインド・コントロールを超えて」

この度、京都に、最新著『超マインド・コントロール』が船井幸雄先生のご紹介をきっかけに
さらに大きな反響を呼んでいる池田整治氏をお迎えできることになりました。

マスコミが決して流さない情報に鋭く触れられる池田氏、今最も大切な情報をお伝えいただけるものと思います。
池田氏とご一緒に、この大激変の時代に私たち一人ひとりが、有意の人としていかに生きるべきかを考え、
実践する歩みを踏み出せる時間となればと考えています。
皆さまとお会いできますことを、心から楽しみにしています。

ナビゲーター
鈴木 隆(すずき たかし)にんげんクラブ京都支部代表・大阪赤十字病院整形外科副部長
山内 尚子(やまうち なおこ)にんげんクラブ兵庫支部代表・新日本文芸協会きれい・ねっと代表


日時 2011年11月13日(日)13:30~16:30(13:00開場)

会費 一般 3,000円 にんげんクラブ会員 2,500円

会場 京都 大谷婦人会館3階 比叡の間
京都市下京区諏訪町通六条下る上柳町215番地 TEL:075-371-6181
京都駅より徒歩約10分
地下鉄烏丸線五条駅(8番出口)より徒歩約2分

終了後、会場近くにて懇親会を予定(会費別途3,000円程度)

件名を「京都WP」として、下記までお名前・参加人数・ご連絡先・にんげんクラブか一般か・懇親会の出欠をお知らせください。
なお、お支払いは当日受付にてよろしくお願いいたします。

※お申込み・お問合せ
TEL:079-285-2215(平日10:00-17:00)
FAX:079-222-3866(株式会社きれい・ねっと)
Mobile:090-3840-7661(山内)
Mail:kileinet@gmail.com


******************************************

「脱マインドコントロール・脱原発」事実を知れば・・・in甲府

● 日時:11月15日火曜日
  ・開場 13:00
  ・講演会 13:30~16:00

● 会場:ホテルクラウンパレス
甲府市朝気1-2-1
TEL055(233)0777

● テーマ:
 「脱マインドコントロール・脱原発」
真実を知れば、本当の生き方がかわる

● 主催: 深沢邦秀税理士事所

● 申込: TEL 055(235)5533 FAX 055(235)5504





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード