池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

2009年 12/31 シンクロニシティ~今年をふり返って

シンクロニシティ~今年を振り返って
          …気持ちは坂本龍馬

 12月26日、土曜日午後、品川で行われた船井幸雄会長主宰の勉強会
「にんげんクラブ」の年納めの交流会に行く。
交流会自体たぶん今回が初めてと思う。

いずれにせよ、せっかくの機会なので、
ふだん会誌やHPで最新の情報などをいただき、
お世話になっている児玉さんなどスタッフの人にお礼を述べたいと思い、
3日目前に急遽参加を申し込んでいた。

会場に入るまでは、たぶん知ってる人は誰もいないだろう、と思っていた。

 ところがまず、面識のある船井会長のご子息であり
船井本社取締役社長の勝仁さんにお会いするとともに、
なんとGOP(Green Owner Project:グリーンオーナー倶楽部)を
主宰されている大下伸悦さん、そしてスタッフの根本佳代子さんと遭遇!

これにはお互いビックリ!!であった。


 グリーンオーナー倶楽部というのは、大下さんが代表で、
これからの地球規模の厳しい大転換期を見据えて、
有機農法により日本の生き残りと新生日本の実現を目指している
素晴らしい草の根社会改善運動である。

 その趣旨を同倶楽部のHPから転記してみよう。

************************************

【運動の趣旨】

日本国のオーナー意識のもと、「年間5000円でグリーンオーナー」となり、
有機農法や無施肥農法、不耕起栽培などの農業者が安定して収穫量を
確保できるようになるまで、みんなで支え合うという、
見返りを求めないトラスト運動です。

この運動の広がりとともに、全国各地にすでに活動・発信されている方々へ
追い風をつくりだします。

そして「食・農・いのち」への価値観が、根本から見直されることとなり、
その結果として、健康と笑顔がひろがり、
日本国の新しいかたちを生み出すことが目的です。

******************************

 私もその趣旨に大賛成で一会員となっている。
と言うよりも、愛媛の最南端の空き家としてしまった実家の農家を、
GOPの方に活用して田畑を作っていただくようにお願いしている。

 また、その運動の一環でもある東京神田神保町にある
「若杉ばあちゃんの台所」では、地方等から訪ねてくれる旧友との
会食の場として活用させていただいている。


 実は、拙著「マインドコントロール」を出版した直後に、
GOPの根本さんから講演の依頼があった。

伺えば大下代表が、拙著を大変高く評価して下さり、
幸塾の勉強会も兼ねて行いたいとのことであった。

 私にとって今回の出版は、ある意味命を賭けての決心であり、
その意味でも是非一人でも多くの日本人に「真実」を知って、
「目覚め」てほしい。

快諾し、1月30日池袋の書店で行うことを確認したばかりであった。
もちろん、大下代表とも根本さんとも直接お話したことはなかった。

 それがはからずも今回の交流会で邂逅したわけである。
まさにシンクロニシティだった。

 交流会では、まず船井勝仁社長が1時間の講演を行った。

その途中で、大下代表が紹介され、引き続きショートスピーチを行った。
そのスピーチの中で、わざわざ私と拙著を紹介して下さり、
また1月30日の講演会(出版記念会)まで案内していただいた。

 そのあと私も紹介され、10分ぐらいスピーチを行った。
まず会場にいる人とは多生の縁で結ばれていて、
必要・必然・ベストで出会っていることから、
マインドコントロールを書くきっかけとなったオウムサティアン突入の
エピソードなどを話した。

 
実は話しながら、この1年間の最大の「成果」をじっくり噛みしめていた。
それは一言で言えば「GOP」である。

私にとって「GOP」とは、大下代表のGOPとともに、
もう一つ大きな意味がある。

それは「五井野プロシジャー(GOP)」である。

「五井野プロシジャー」とは、日本が産んだ大天才の五井野正博士が作った
自然薬の名前である。

チェルノブイリ原発事故の白血病で瀕死の子供を救い、
エリチンの心臓病を治してプーチンの絶大な信頼を得るとともに、
国際医学学会でもトップの位置にある国際心臓学会も協賛した、
米国・ニューヨーク、イタリア、ドイツ、日本で開かれた
各シンポジウムにおいて発表され、自然医学界では大きな注目を集めている。

このGOPは私も何度かいただいて、
睡眠不足等無理をして体調を崩した時などに
お茶のように煎じて飲んで助けていただいた。

また船井会長のお孫さんの脳腫瘍の術後にもおくって飲んでいただいた。

本来五井野博士は、高校時代にニュートン力学やアインシュタインの
相対性理論の間違いを指摘するほどの科学の天才であるが、
高校時代に法華教の究極の悟りの理論と言われる「一念三千論」を書き、
池田大作氏に贈呈。

こともあろうに池田大作氏は、自分が書いたことにして、
教団でカリスマ的権力を得るとともに、
五井野氏には「これと結婚しろ」と女性を強要。

五井野氏はこれを断り、じ後創価学会に命まで狙われ、
北欧に逃げるように留学。

それ以降リサイクルやログハウスなどの社会運動や、
ゴッホの浮世絵の日本文字の世界初の解読と、
自らゴッホを超えた画家として活躍する等回り道をしながら、
世界的な名声をあげることにより、
創価学会の凶刃を35年にわたり逃れてきている。

昨年3月小平学校に赴任してきたときに、
五井野博士の再興した浮世絵の「歌川派門人会」のスタッフである、
同校研究科長の黒木君から博士の紹介を受けた。

実は、オウムの後ろには創価学会があり、
さらにそのバックに北朝鮮がいる。
さらにその奥には、ロックフェラー等世界金融支配体制がある。

このくびきを解かない限り、日本の再生も、世界の未来も、地球の将来もない。

おりしも船井会長が、にんげんクラブを中心とする5000人の
「有意の人」による弥勒の世作り、百匹目の猿現象を提唱されている。

ここに黒木君の提言で、五井野博士と船井会長を引き合わせることにより、
新たな日本の時代への「回天」にしようと決めた。

言わば気持ちは、薩長同盟を実現した坂本龍馬の気概である。


その一連の運動の結実が、
月刊「ザ・フナイ」新年1月号の船井会長と五井野博士のトップ対談、
そして特集「知られざる真実」への五井野博士の寄稿文である。

是非、皆さんに一読して欲しい。
丸善、喜久屋書店等でも市販されている。
電話で船井メディアに直接注文されてもいい。
(船井メディア:03-5769-3271)


 その黒木君から川越で歌川派門人会のメンバーによる浮世絵展を行い、
博士のゴッホを超えたといわれるひまわりの絵も展示されるという
連絡をメールでいただいた。

実は、26日は夕方には、駒込の北芝健道場で稽古納めと忘年会があった。
今回は、妻が3種類の手作りのケーキを持参し、
三男悠人・長女真菜とともにも初めて出席する。

そのため交流会を中座して道場に向かった。

 私は、オウム対策時から知遇を得ている北芝健さんの道場で、
ボランティアの空手道師範を務めている。

その忘年会に来る人の中に、絵を独自で勉強している人がいて、
五井野博士の絵を見たいという。

その人へ川越での浮世絵展のパンフレットを
PCから印刷して持っていく用事もあった。

というのは、私はもともと絵が好きで中2で県展に入選したこともある。
しかし中卒後自衛隊生活で絵を描く時間がなく、
綺麗な景色等を写真に納めて、
やがて暇ができたらそれを見て絵を描こうと始めたカメラが、
そのまま趣味になっている。

それ故、絵を独学でしている人を知ると、なんとか支援したくなるのだ。
その道場での忘年会では、妻の手作りのケーキが大好評であった^^

忘年会後、食べたりなかった三男悠人のために
駅の2階のディニーズに寄っていると、
北芝さん達グループもすぐあとに来て遭遇。

その中に、小口さんという北芝さんのマネージャー的存在の人がいた。
実はこれも小さなシンクロニシティであった。

実は小口さんは、今回の忘年会には参加しない予定であったが、
わが長女真菜が出席すると伝えると、急遽予定を変更。

と言うのも、1カ月ほど前、
真菜を芸能界でデビューさせたいとのオファーをいただいていた。
しかし、当の真菜はその気が一切ない…^^。

それでもこうして来られるとは、真剣であることがよくわかった。
まあ、あとは真菜しだいである。


さてその夜。すごい夢を見た。

パチンコをやらない私が、資金稼ぎのためにパチンコをする夢である。
店の入り口からやや右の台を、夢の中で「見せ台」と判断して選び、
千円を投入。

そして「意識」を玉が入るイメージに集中。
そうすると水道の水のごとく玉が連続して入るではないか。

大当たり連発。
なんと百万円近く稼いだのだ。

その換金の場所までリアルで、
まるで実体験しているようであった。

かって海軍の名将山本権兵衛が、
賭が強くて資金を稼いだというエピソードを本で読んだが、
それが潜在意識にあったのかも知れない。


その夢の朝、船井会長から葉書をいただいた。

「お手紙や『拳冲会誌投稿記事』ありがとうございます。
 五井野さんや彼の紹介してくれた廣野さんのことが少し分かってきました。
 
 体調の方は、廣野女史に本当にお世話になっております。
 みんな貴兄のおかげです。

 ところで『マインドコントロール』の内容は素晴らしいですね。
 どこかで紹介したいと思っています。
 多くの日本人に読んでもらいたい本です。

 私の体調はあと少しといったところ、来年は元気になれそうに思っています。
 ではまた。ご活躍を祈ります。
 
 安久津様、小野さまにもよろしく」
 
 
 その午後、待っていたザ・フナイ新年号が届いた!

 すぐにトップ対談と五井野博士の寄稿文を読み、
感無量で、博士へのお礼をメールで黒木君に依頼した。


 ところで、交流会には、
聖書の暗号の解読で有名な「I」氏も見えられていた。

「I」氏から「命をかけて仕事する人は大好きです」と
堅く握手をしていただいた。

気をだし、オーラを読めるひとだけに、
握手しながら大きな力を入れていただいた気がした。


 いま大晦日になり、この一年を振り返ると、
やはりこの1年を総括する言葉は「GOP」となる。

大下代表の主宰するグリーンオーナー倶楽部による
全国での有機農法を通じた実践と、
船井会長・五井野博士による人間性向上のメンタル運動が
有機的に統合された年であった。

完璧なシンクロニシティで、
確実に実現するという天からの贈り物である。

 26日見た夢は、来年以降「日本回天」へと大きく動く、
という吉瑞に違いない。

  
ぜひ、百匹目の猿現象をさらにすすめましょう!

 
そして皆さんの新年がさらに素晴らしい年になることをお祈り申し上げます。


 最後に、川越の浮世絵展の案内を載せます。
ぜひ、五井野博士も述べている世界最高のパラダイス都市、
「江戸」の華を感じて、日本再考の資にして下さい。

私も、ぜひ北芝道場の人をご案内したいとおもいます。


なお、今回の写真HPへの掲載写真は、この案内のパンフレットや、
拙著の新聞掲載記事、今月の下旬に撮影した身近な小春日和の冬の花等を載せます。
 ご笑覧下さい。


++++++++++++++++++++++++++++++

       浮世絵展の案内

日時:2009年12月26日(土)~2010年1月31日(日)
     (定休日:1月13日・20日・27日)
   AM11:00~PM5:00(最終日PM4:00迄)

会場:川越市あとひき煎餅塩野2階 蔵乃茶屋かくれんぼ

主催:江戸浮世絵研究会

協賛:東藝術倶楽部

お問い合わせ:049-222-2794

入場料:無料


+++++++++++++++++++++++++++++++

*追記…昨日、週刊SPA!の取材を自宅で受けました。
    1月4日(月)発売の新春第一号に、
    新インフルエンザワクチンの記事が載ります。

    小さい記事ですが、これも「知らないことを知らせて」
    マインドコントロールを解くための大きなポイントの一つです。

    ぜひご笑覧ください。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
「マインドコントロール」(ビジネス社)
「心の旅路」(新風舎)
メルマガ:心のビタミン(エッセー) http://www.emaga.com/info/heart21.html
新心のビタミン写真 http://cid-7ee92fe6821f38ad.profile.live.com/
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード