池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

2009年 3/18 それぞれのホワイトデー

それぞれのホワイトデー

《3月13日金曜日、ホワイトデー前夜》

職場の春の異動者の送別会後、二次会を断って帰宅してみると、
妻は、夜の自室としているリビングのTVの前で、
服のまま布団に入って伏せて寝ている。

食卓には、バイトからかえった聖人:次男・大1が食べたのか、
一人分の食器がそのまま残っている。

単身赴任以来、わたしも朝5時半起床の毎日だが、
妻はそれに加えて、6人分の食事に山のような洗濯物の洪水、
それに日中は時間等の融通がきくとはいえ仕事もしている。

金曜日の夜ともなると疲れもピークにきて、
ちょっと横になったのが、思わず熟睡しているものと判断。

風呂上がり後、珈琲を入れようと台所に入ると、
流し台には食後の食器の山。

電磁調理器やコンロの上にも使われたままの鍋が…。

一瞬、乱雑に積み重ねられた食器の山を、
「グッ!」と睨んで状況判断。

『よし、洗おう!!』
『信頼貯金を黒字にするチャンスだ!!』

 話しは、やや二週間ほど前にさかのぼる。

 北海道の出張に三泊四日で行ってきた。
格安往復航空券を取るためにネットで買った。

当然、やがて銀行口座から引き下ろされる。
しかし願わくば、妻が忘れてその分小遣いに使えれば…との下心もあった^^;。

ところが、帰京時に猛吹雪で二日間千歳空港が閉鎖され、
自腹で札幌に余分に宿泊しなければならなくなった。

で、さらに数万円、郵便口座から引き下ろした。
妻からは、併せて今月の小遣いね…と厳しい金融大臣査定^^;

 結局、土曜日の22時半、千歳発の航空機で羽田に着いたが、
最終の山手線は上野駅止まり。

翌日曜日は、オール草加ボーイズの練習試合の遠征支援で、
6時には私が、草加グランドまで三男悠人・中2を車で連れて行く予定にしていた。

出張はもともと金曜日夜帰宅予定だったので、
日程的にも無理ないと思っていたのだ。

 もし、高給取りで小遣いに余裕があれば、
上野からタクシーで帰るところだが、
妻に「上野のカプセルホテルに泊まり、朝一番の電車で帰る。
6時前には帰宅、予定通り悠人は連れて行く」とメールを入れた。
が、ここで携帯の電池が切れた…。

 朝一番の電車に乗るため、2時間ほどまどろむ程度の仮眠でホテルを出て、
予定通り5時40分頃鳩ヶ谷駅に着いた。

時間がないので、駅前からタクシーを考えていたが、
日曜日朝の小さな駅には需要がないのか、あいにくタクシーの影さえない。

 仕方なく、かっての若い頃の武装走を思い出し、
重い一眼レフカメラのリュックに土産等を両手で抱えて、
文字通り体力の続く限り国道122号脇の歩道の坂道を走った。

もっとも客観的に見れば、早足で歩くのと変わらなかったかも知れないが^^;

いずれにせよ必死で走りながら、私の頭の中には、
妻が、私のトレーニングウェア一式と
朝食を用意して待っているイメージでいっぱいになっていた。

 「ただいま~!!」と勢いよく玄関を開けて入った。
ところが、妻がおらず、悠人がキョトンと野球のユニフォーム姿で
リビングで待っていた。

 「おかあさん、鳩ヶ谷駅に車で迎えにいったよ」
 
 「えええ!!!お父さんの携帯電池きれてるんだ、
       すぐに電話でお母さん呼んで!!」

冷静に考えれば妻に感謝しなければならないのに、
都内まで帰っても高給取りでないばかりにタクシーで帰れなかった不甲斐なさと、
雪で足止めされて睡眠不足が極限まできていたこと、
また、久しぶりに体力の限界まで走って疲労困憊していたこと、
さらに、明るく迎えてくれるはずの妻がいなかったこと等々が重なって、
数分後帰宅した妻に、
「何やってんだ!!!」「トレーニングウェアどこだ~!!」等々、
プンプン大声を上げながら着替えて、悠人とグランドに向かった。

妻が、この日も二人分の弁当に、
おにぎりまで余分に作っておいてくれたにもかかわらず…。

 帰宅後着替えるわずかな間に携帯に充電したが、
野球支援の合間に電源を入れると、

「今から駅に車で迎えに行きます」という妻のメールがしっかり入っていた。

 常日頃から、家族への信頼貯金を黒字にしよう!と部下にも指導しているが、
間違いなくマイナス100点だなと…反省した。

いや、今もしている。

…ま、後悔先に立たずだが。

 このようないきさつがあり、このマイナス100点を取り返すには、
黒字になることを、地道に一つ一つ行うしかない。

 で、妻が疲れて寝込んでいる間の食器洗いは、
+1点と状況判断した次第である。

もっとも、妻の向こうのソファーの上には、
取り込んだ6人分の洗濯物の山がある。

特に三男が野球クラブなので、ことさら山が大きい。
もし、これをたたむと…+2点、いや5点かな・・・でも、、パス^^;

 こういう次第で、食器を洗っていると、
次男・聖人が台所に入ってきて、
自ら作ったチーズケーキを冷蔵庫から取り出し、
丁寧に切って、箱詰めをする。

バレンタインデーのチョコのお返しだ。
A型人間らしく、手作りのケーキでないと気が済まないらしい。

何でも、以前にもプレゼントしたらしい。
そのケーキは、彼女がご両親と弟と4人で食べたとのこと。

昨年春まで単身赴任していたが、
「女の自立は経済から、男の自立は自炊から」という妻の躾が、
子供たちにはすっかり身に付いているようだ。

『…一番ついていないのは俺かあ』。

聖人も、「親爺、もっと料理のデパートリー増やせば?」とよく言う。

「だから、お母さん選んだんだよ」


自分でいれた珈琲と、残りのチーズケーキの一片をお相伴にあずかり小皿に入れて、
自室のパソコンの前で、ゆっくりと味わう。

妻ほどではないが、結構美味しい。
右後方の布団の中では、長女真菜・小5が既に熟睡している。

天気予報を見れば、明日は昼頃まで春の嵐。

『よし、久しぶりに寝だめするぞ~~!』

《3月14日土曜日ホワイトデー当日》

 予想通りの大雨。安心して昼過ぎまで寝てしまった。

 でも習慣で早朝、まどろみの状態まで意識が戻り、
ふすま一つ隔てた隣のリビングから、
悠人の野球の弁当作りに起きた妻と、
手作りのチーズケーキを手にデートに行く聖人の声だけが、
頭の中にこだました。

 「あれ!?台所すごく綺麗になってる。だれ!?」

 「お父さんだよ~」

 次に起きたときには、昼過ぎだった。

数ヶ月ぶりにとことん熟睡して気持ちががいい。
リビングに入ると、待機中の悠人が珍しくパソコン操作している。

何気なく覗くと、ネットで野球のバッティング時の手袋を調べていた。
穴があいて同級生から借りて使っているようだ。

そういえば、数週間前、
「グローブの中の皮が破れた。でも、まだ使えるから」とも言っていた。

A型の次男なら、「グローブ壊れたあ!もう使えな~い!!」と
充分すぎる以上にアピールするところだが、
B型の三男の悠人は家庭事情を良く理解しているのか、
名前の文字のごとく、じっと我慢する。

バットも、チームメイトの友人のバットを借りて試合に出ている。
硬式用のバットとグローブ併せると軽く5万円は超える。

ちなみに塾代も同じぐらいかかっている。
これに私立大の次男の学費等、さらに小5の真菜が続く。

景気後退で給料の下がっている現状では、
買ってやりたい気持ちはあるものの、
そうそう簡単にグローブもバットも買えない。

こういう中で、飛行機代と宿泊代を、
口座からあわよくば濡れ手に粟と引き落としていたわけである。
悪事はばれた後が怖い^^;。


土曜日の夕方は、駒込の北芝健さんの道場で、
ボランティアで空手道の師範代をしている。

朝食兼昼食をとっていると、真菜と買い物に出かける妻が、

「チーズケーキあと20分ぐらいでできあがるから。
 敷いている紙のまま取り出して横に置いている箱に入れて、
 いったん冷蔵庫に入れてから持って行って」。

バレンタインデーの稽古時に、部員からチョコをもらっていたので、
妻が皆で一緒に食べるようにとチーズケーキを焼いてくれたのだ。

「ありがとう!!!」

電磁調理器のタイマーが0になっているのを確認して、
言われたように箱詰めにして冷蔵庫に入れると、
なにやら小さなプレゼント用の箱がある。

後で聞けば、昨夜ケーキを作ったときに、
次男が悠人のために二切れほどきれいに箱詰めしたらしい。

悠人がバレンタインデーチョコをもらっていたのも初耳だが、
その弟のためにプレゼント用ケーキを準備する聖人にもビックリ。

この日の道場は、稽古後のケーキで大いに盛り上がった。

その夜、道場の稽古から帰宅して冷蔵庫を覗いて見ると、
いつ・誰に、渡したかは知らないが、
確かに冷蔵庫から小さな箱は消えていた。

その悠人は、野球の練習から帰宅して、
風呂・食事後、またネットで野球道具を覗いていた。

妻も、必要経費としてバッティングの手袋代は
家計の中から出すことを認可したようだ。

それぐいらは小遣いから出してやりたいが、
この時期は送別会・歓迎会等が重なり、
二次会も断るほどである。

家計の予算決定権がないのが悔しいが、
家事等一切を切り盛りしている妻に感謝こそすれ、
口を出せる立場にはない。

充分な稼ぎのない男は、妻に文句を言う資格はない。

ところで、すみやかに編制完結して、
ただちに家を出てもらいたい長男英人・26歳は、
ボード仲間とスキー場に行っている。

B型長男に、次男ほどのまめさがあれば、
とっくに彼女をつかんで、
ホワイトデーの使い方もちがうものになっていただろうに…。

来年こそは、長男が彼女を作って二人だけでホワイトデーを過ごしていることを、
それぞれの生活スペースの必要上、
家族全員の幸福のために祈りつつ…

我が家の今年のホワイトデーも、
小さなドラマを作りながら無事幕を閉じた。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
メルマガ:心のビタミン(エッセー) http://www.emaga.com/info/heart21.html
新心のビタミン写真 http://cid-7ee92fe6821f38ad.profile.live.com/
北海道の四季(写真) http://seiji0322.multiply.com/ 
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード