池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

2006年 8/12 北富士演習場夏の花・・・その3

翌朝、豊川に向け出発する前に、富士訓練センターの野田所長のもとに挨拶に伺った。

まだ早かったのでその前にセンター横の
富士山の湧き水として有名な忍野八海に立ち寄った。

若い頃富士学校に入校していたときに2歳の長男と親子三人で来て
渾々とわき出る泉に感動していたので、
まだ見たことがないという操縦手の宮脇君に見せてやりたかったのだが……。

天然観光資源とそれを糧とする人々の「意識」を改めて考えさせられた。

実は、忍野八海は、それぞれの「土産店」が所有した形になっており、
店内を通らないと湧き水の中央に行けないようになっていたり、
泉の周囲が塀で囲まれ入場料を払わないと入れなくなっている。

開園前ではあったが、店の人が開店準備をしていたので見せて頂こうと思い
「おはよう御座います!」と声をかけたが全く無視された。

人間、無視されることほど憤りを感じることはないが、
まあ、仕方なくその場を離れる。

後で「反自衛隊感情が根強い地域」と伺ってなるほどと思った。

ドイツでは個人が土地を所有する、つまり商品というが概念がない。
必要な人が必要な期間国から借りて、
家族がいなくなる等不要になれば返還し、
次の人が借りる。

ニュールンベルグの歴史的古城、
日本で言えばお城も学生等の宿舎として活用していた。

また、それ故ベルリンの大学生も90平方メートルぐらいの部屋を
月9000円程度で借りることができていた。

特に忍野八海などは、太古からの自然の恵みである。
それを個人の「エゴ」という意識で私物化していいものか…考えさせられた。

富士演習場も、私有地を国が借りている地域がけっこうあり、
年一度使用料の更新交渉が行われる。

その前になると北富士演習場入り口前で反自衛隊デモが行われることがあった。

又、反自衛隊感情の強いのは、同じ住民でも演習場に土地を持ってなく、
使用料の収入がない人とも聞いたことがある。

そして、演習場使用料で生活が潤沢になると働く心配がなくなり、
その子息が人間的にどうかなということもあるとかって伺った。

一方、穂の国では、周辺地域の方々がボランティア精神でいろいろ支援して下さる。

演習場・自衛隊を利益の対象と見るか、
奉仕の対象と見るか、
まさにその人の「意識」の違いであろう。

早朝、そういう「小体験」をして野田センター長のもとにお伺いすると、
無事任務を果たして帰国した隊員がお礼に持ってきたイラクの砂を
わざわざ分けて下さった。

実は、8月下旬、いよいよ松本3佐(昇任されて、現在守山駐屯地で中隊長)
の退官パーティがある。

その時に万感の思いを込めて松本3佐ご夫妻にイラクの砂を贈呈したい。
次のメッセージを添えて・・・

一人の熱い「思い」が、周りの人を感動(うご)かし、世界を変える。


+++++++++++++++++++++++++++++

余記・・・次男聖人の武南高校は、埼玉県予選で5回戦ベスト16止まりだった。
     学校に野球グランドもなく、
     個人的にも学業との両立に悩みながらも
     2年主体のチームなので来年に期待したい。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
北海道の四季(写真) http://groups.msn.com/jjt8khvnlvgq2ipf5spd2vq9r4
北海道の四季その2(写真) http://groups.msn.com/hearthul2006
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード