池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

2006年 7/2 東三河賀茂神社の花菖蒲

6月7日水曜日夕と10日土曜日、豊橋市賀茂神社の花菖蒲の撮影に行く。
賀茂神社は、豊橋市の北部、東名高速道路が豊橋市をかすめる南にある。

豊川市の官舎からほぼ真東に東名道路と並行に約5kmママチャリで
走ると、豊川にかかる賀茂橋を越えて豊橋市に入る。

賀茂橋から更に2km、水田の中に柿畑の点在するのどかな農村を
進むと賀茂神社がある。

賀茂神社は、天平元年(729年)、京都の賀茂分雷(わけいかずち)神社
より勧請して創建したといわれ、徳川家康も遠州国、長篠合戦の出陣に際して
参拝したと伝えられている。

菖蒲園は、この神社境内の南側、参道のたいこ橋の両側に昭和44年9月に
開かれたもので、広さ6317平方㍍の敷地に江戸系、肥後系、伊勢系合わせて
約250種、36000株の菖蒲が植えられている。

又、賀茂神社には、神山古墳という円墳がある。
直径28m、高さ3.5mと愛知でも有数の大きさであり、
ほぼ完全な形で保存されている。

7日、夕方豊川の市街地から真東にママチャリで向かうと
丁度、市内の高校に通う女子高生とツーショットで走る感じになった。

賀茂橋を越えるやや登り坂で
「凄いねこんな遠くから毎日通ってるんだ」などと楽しく会話。

豊川を越えると、道も急に狭くなり、四つ角でどちらに行くのか迷っていると
女子高生に「どちらからでもいけますよ」。

ここで更に遠くの集落の家に向かう女子高生と別れて左折、
田植えの終わった水田の農道を進む。
懐かしいかえるの大合唱を楽しみながら賀茂神社に到着。

ちょうどしょうぶ祭りを行っており、
出店も多く、マイカーでかなりのお客さんが来ていた。

10日土曜日は、朝から同じ道をママチャリで行った。

集落の近くの道で豊川方向に進む中学生と擦れちがったが
子供の方から「おはようございます!」と元気な挨拶。

清々しい気持ちで花菖蒲を撮影した。

天候は生憎梅雨空だったが、
同じ紫と白の花菖蒲でも
夜間照明下と自然光の見え方の違いを
楽しんで頂きたい。

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
メルマガ:心のビタミン(エッセー)http://www.emaga.com/info/heart21.html
北海道の四季(写真) http://groups.msn.com/jjt8khvnlvgq2ipf5spd2vq9r4
北海道の四季(写真)パート2http://groups.msn.com/hearthul2006
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード