池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

2003年 5/4 最後の羊蹄山一周の撮影紀行

3月22日、48歳の誕生日。
羊蹄山を一周しながら北海道最後の撮影を楽しむ。

まず、国道230号を中山峠を越え、
喜茂別町の交差点を右折、国道276号線沿いに
アンヌプリスキー場を目指す。

まだまだ雪深い羊蹄山の北の麓を
小川に架かる橋の上などに撮影ポイントを
探しながら進む。

残雪の畑も農家の人が融雪剤を撒いており
いよいよ北海道も新たな春が来たことを告げていた。

アンヌプリスキー場では新しいゴンドラから
リフトに乗り継いで一気に頂上まで。
ここから見る羊蹄山の眺めは絶景である。
4年前に初めて来たときにはデジカメで手を凍らせながら
撮ったが、今回は、しっかり一眼レフを持ってきて最後の撮影。
火口付近も拡大して撮りたかったが、スキーを履いて
カメラを首から掛けているので、軽い28mm~300mm
のズームレンズしかつけれず・・・。
仕方なく300mmの最大にして記念に1枚撮る。

スキーも楽しみかったが、時間がないので
頂上からの1回だけの滑りを味わう。
途中でボードでジャンプをしているグループがおり、
その空中姿勢?を撮ってみる。

アンヌプリからは羊蹄山の南麓の道道を真狩からルスツへ。
途中、尻別川にかかる大きな橋の上から最後のアンヌプリ
そして南から見る羊蹄山などを撮影。

ルスツスキー場到着は既に午後3時。
イゾラ頂上までリフトを乗り継いで行くも、
既に樹氷は消えて無くなっているのを確認。
樹氷は諦め、ルスツスキー場でも最後の羊蹄山を撮影。
先ほどまでいたアンヌプリが遠くに映っており
改めて三者の位置関係を知る。

ルスツスキー場を降りる頃には陽もかなり傾く。
いよいよ北海道最後の夕日を撮るポイントを探す。

一気に中山峠に行くことも考えたが・・・
時間と、万一霞がかかっていたら最後のチャンスを
棒に振るので・・・
結局、喜茂別の交差点から朝通った道をアンヌプリ方向に
再度走り、太陽が羊蹄山の麓に落ちるぎりぎりのところで
尻別川の上流と道路が交わるあたりを撮影点に決め、
道路脇に車を乗り捨て!?
川岸までズボズボと畑の残雪に足をとられながら進む。
靴の中はグチョグチョだが、かまってられない・・。

必ずしもきれいな夕陽ではないが・・・
北海道最後の撮影のため、今回「北海道の四季」に載せておいた。

4年前、メールに添付するためパソコンを買ったときについていた
簡単なデジカメで始めた北海道の撮影。
たまたま借りた一眼レフで撮ったよさこいソーランの写真が初めて入選。
また、北の大地の太古から残る大自然の素晴らしさに目覚めたこともあり、
事後本格的に週末ごとの撮影を始めて2年・・・・。
一応、全海岸線を回ったが、本当の北海道の良さを撮るには余りに
短かった。
この残雪の時の美瑛だけでも、夕陽と朝日のそれぞれの自分の撮影ポイントを
見つけ1回撮影しただけである。満足のいく雪原の夕焼け、朝焼けを撮ってない。

いつか、満足のいく北の大地の撮影紀行に再度行ける日が来ることを信じつつ・・・。

・・・・・週末は次男、三男の野球支援が日課の埼玉にて・・・


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
心のビタミン http://emaga.com/info/heart21.html
北海道の四季 http://communities.jp.msn/jjt8khvnlvgq2ipf5spd2vq9r4
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード