池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

2002年 10/23 ニセコ晩秋の紅葉

10月20日、晩秋のニセコの紅葉の撮影に行く。
今週末は久し振りに家族のもとに帰ってくるので、次回の撮影は11月初めの3連休。

その頃は、札幌にも初雪が降って、北海道から紅葉が消えているだろう。
と言うことは、今年最後の紅葉撮りのチャンスだ。

実は、日高の鵡川渓谷に行くか、ニセコ山系にいくか直前まで迷った。
北海道は紅葉も一気に走り去るので、今年は何処何処と決めうちで行かざるをえない。
迷ったあげく・・・神仙沼のあるニセコの山々に引かれた・・・。

25年前、北海道に初赴任した頃、空手道等で鍛えられた体力を見込まれ
クロスカントリーの合宿隊に入れられた。

夏は誰も来ないスキー場を重いスキー靴を履いて、
ゲレンデの下から上までダッシュを繰り返し・・・、
初冬になってニセコの奥の渓谷に雪が積もるとテントを立てて合宿し、
真冬の吹雪のニセコの麓で来る日も来る日も汗を凍らせながら走り・・・、
5月の連休明け頃また残雪を求めてニセコの山奥に雪が消えるまでその上を走り・・・
とういう生活を3年間つづけた。

お陰で今の体力とスキー能力が身に付いたが、その雪の下に神仙沼等大自然の宝庫が
眠っていたのを知ったのは、2回目の北海道勤務なった3年前が初めてであった。

そのような、青春の汗と涙の想い出を噛みしめながら羊蹄山の周囲をめぐり、ニセコアンヌプリを散策した。

多分、雪の覆われていないニセコの山々を訪れるのはこれが最後となるはずである。
ニセコに最後の別れの挨拶をするつもりで25年前の想い出を追いながらシャッターを押した・・・。

神仙沼等頂上部の落葉は終わり、後は積雪を待つだけになっていたが、
奥ニセコ渓谷は冬の日だまりのように優しく紅葉が迎えてくれた。

まるで、私のニセコ最後の旅を祝ってくれるように淡い紅葉がその尾根だけ輝いて見えた。

かって青春の全てをかけたニセコ・・・
さようならニセコ・・・
そして、ありがとうニセコ・・

・・・一昨日ニセコの山々に雪が降った。
長い冬の到来・・・
いつか又その素顔を撮ること祈りつつ・・・


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
北海道の四季 http://communities.jp.msn.com/jjt8khvnlvgq2ipf5spd2vq9r4
心のビタミン http://www.emaga.com/info/heart21.html
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード