池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

2001年 11/11 家族の絆…信頼貯金

11月最初の連休。久し振りに家族の下に帰ってくる。
次男坊の小学校最後の試合があったのだ。それに、今回の連休に帰らないと次の連休まで殆ど2ヶ月近く会わない事になる…。

ということで、航空料金は、恐怖のカード後払いで、、急遽帰宅^^。

家族に会う時にいつも思うのは、それぞれの個人関係での「信頼貯金」の黒字。
例えば、妻との関係で、日曜日の朝自発的に掃除機をかければプラス1点。
疲れているからと朝寝すればマイナス1点等々。
ここで、給料を稼いでいるからプラス10点と勘違いしてはならない。
女性の感性では、これも同じ1点。
何故なら家事を雇えば、給料数十万円は払う必要がある^^

子供とも同じ。「キャッチボールしよう」に「よし、やろう!」と即応じればプラス1点。
「今忙しいから」と断ればマイナス1点・・・。

今回、帰る日に職場で配った資料・・・^^

今を生きる・・・・・!

今、あなたは、あなたが最も大切な人…妻か子かあるいは親か恋人…の葬儀に参加している。数々の最愛の人との忘れない思い出が浮かんでくる。

いよいよあなたの焼香の番だ。あなたは祭壇に近づき最愛の人への最期の挨拶をしなければならない。これまでの様々な思い出に感謝を込めて…。


ふと、写真を見ると、なんと写真にはあなたが飾られている!!
そうだ、今日はあなたの葬式なのだ……。


今、あなたに向かって、最後の別れの挨拶が述べられようとしている。
それは、あなたのこれまでの人生そのものが現されている。
まず、「家族・親類」の代表者があなたとの思い出を語る。

次に「友人」代表、「職場」代表、そして「地域」の代表がそれぞれあなたへ最後の言葉をかける。

あなたは、最後に彼等にどういう事を言って欲しいだろうか?
或いは、どういう人だった、と彼等の心の中にいつまでも生きていたいだろうか?


彼等に最後に言って貰いたい事、それが今あなたの生きる道である。


次男聖人の最後の試合は、同じ中学校に入る4つのチームのいわば親善試合。
最後のバッティングをデジカメに収めて、今回初めてアルバムに1枚載せた。
いつか聖人がパソコンを開いた時に記念になるだろう。
ちなにみ小学校最後の打席は、ライトオーバーの2塁打だった。


今回の収穫は真菜との信頼貯金。
4日月曜日妻も仕事があったので、この日最終便で帰るため昼間ずっと真菜と二人きりで過ごす。昼食も得意の??カレーを作って食べさせた。


別れ際真菜が「真菜も北海道に行きたいな…」
学校から帰ってきた悠人も「悠人も北海道に行きたい!」


やはり、スキンシップと信頼貯金を黒字にすることが何よりも大切だ…。

次は、22日から4日間帰る予定。

23日に親子試合があるのだ。6年の親を中心にチームを作り、息子達との最初で最後の対戦。


お母さん方も全員でる予定。フォーアウト等のハンディ付き^^
私がピッチャーをするので、聖人との投打の親子真剣勝負!!!^^
今からが楽しみだ。





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード