池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

新年を迎えて...愛の国を創るために

【新年を迎えて...愛の国を創るために】

 新年あけましておめでとうございます。
 
2020年、いよいよ弥勒の世・愛の国創り10年の
スタートの年を迎えました。

ついに、「Lastra」がイザイヤーナギィードのような
美しきハートの人々の想いを継ぎ、本格的に始動します。

「滅びの道」から「永久の道」へ

「地上最後の楽園」「地球の未来のモデル」となる
「世界の見本となる愛の国を創る」ために...

そのLastra事業に参加するにあたり、その抱負を
インタビュー形式でお伝えします。


1) あなたが、本質的な道を選択するきっかけとなったのは、どんなことですか。
なにがありましたか。

先ず最初に、15歳で自衛隊に入ったことが
ひとつの大きなきっかけになっていますね。

当時、50年ぐらい前だから、米ソ二極化構造の中で、
自衛隊はいろいろなグループに反自衛隊とか、税金泥棒とか言われて、
社会の日陰者扱いでした。

そういう中で、自分たちの存在そのものを否定する人たちをも含めて、
万が一のときは命を賭けて守るというのが、自衛官の使命なんです。

しかも、幹部自衛官は部下を率いて死地の先陣を行くわけです。

イデオロギーの右や左を超えて、感情の好き嫌いを超えて、
絶対的な愛の意識がなければ部下はついてきません。

その境地に至るには、まさに「人間修養」が必要です。

その人格陶冶の道を端的に問うと、
「人は何のために生まれてきているのか」、
そしてその道場である「宇宙の構造はどうなっているのか」、
に集約されるわけです。

つまり、哲学的なこと、人世の本質を解くのが
自分の大きな人生の課題だったんですよ。

それは、15歳で逆境に飛び込んだからわかってきたのです。
そういう意味で、当時の反自衛隊の方々に感謝しています。

そして、防衛大学に入って、哲学的な本を読んだり、船井先生にお会いしたり、
キリスト教会の牧師や鎌倉のお寺の僧侶と面談したり、
心の中でマルクスと論争したり、瞑想したりして、
人は何のために生きるのかということを追求しました。

やがて瞑想して花と一体化の至福感など味わいました。

要は、魂を磨くということ、人間性向上、簡単に言うと、
人格向上が人生の本質と確信したわけです。

4年の学生長の時は、学生舎の玄関に「人間修養」という
統率方針を額に入れて掲げてました。

つまり、自衛隊で万一のときは「利他愛」で任務遂行すると、
信念化したわけです。それがだいたい22、3歳ぐらいですね。

そして、自衛官になって、作戦幕僚として国を守るための作戦を作ったり、
幕僚として実際に現場で対処する中で、
嘘が通用しない世界の渦中に巻き込まれました。

そういう中でオーム事件だとか、北朝鮮のミサイル対処とか
国家の非常事態が生起しました。

警察は対処できないので、自衛隊に助けてくれということで、
作戦幕僚の先任の私が同行支援しました。

また、その対処の中で米軍の空母のキティホークの奥で、
表に出ない技術、宇宙技術だなあというものにも触れてきたわけです。

いろいろな体験をする中で、特にオームなんかは、
山の中の情報が隔絶された中で一方的な情報操作等で
マインドコントロールされていることが分かりました。

またそれが結局、今の日本の洗脳社会の縮図だと分かったのです。

つまり、新聞、テレビでは、真実が書かれているのは日付けだけ
と言われるように、完璧に情報封印されています。

そして、一方的な情報と教育で、オームと同じように、
世界から隔絶された島で洗脳されているのが現代日本の実態なんです。

それをよくよく考えたら、今、「嘘の世界」そのものなんですよね。
(だまされているということですよね。)

そうそう、極端な話をすると、
例えば、いいものだよと騙して社会毒を食べさせて、
わざと病気にして、それでなおかつ薬で儲ける。
実はその薬で新たなもっと酷い病気にする。

または、2つのグループを作って、敵対するグループや国をつくって、
お互いを憎む教育で戦わせて、両方に武器だとか、薬を売って儲ける。

決して自分たちが戦場に行くことはない。
そうやって人口が多すぎるとか勝手な理論をつくって
人口淘汰をしながら金儲けする。

そういう人類の闇の構造、簡単に言うと、イルミナティですよね。
軍産複合体といってもいいんですけど、
私はまとめて世界金融支配体制と言ってます。

そういう人たちが日本人を末梢しているということがわかったわけです。
 
オーム事件にしても、麻原彰晃を死刑にして、麻原彰晃以下が悪かったといって、
手を打って終わっちゃってるんですよね。

オームを作った構造だとか、いろんな流れというものは、
当然、日本の裁判で明らかになるものだと思っていたんですよ。

そしたら、麻原彰晃の処刑でそれ以上の究明はされず、
真実は明らかにされない。

当初の段階で麻原には手を出すなという指示が来てるというようなことも
全部伏せられているわけですね。

これは原発問題ひとつとっても、今でも放射能が出ているのに、
出てないことにして、全部終わって安全、安全と言って、
どんどん再稼働や新たな原発を作っていってるじゃないですか。

万事がすべて、彼らは日本人を病気にしながら、
地球を悪くしながら、自分たちだけが金儲けをしているという構造、
それをしっかりまず知る必要があります。

そして何よりも、地球本来の存在意義、
なんでこの地球に生まれてきたのかということを認識する必要があります。

つまり、地球で三次元の肉体で体験をして、そして、波動を上げて、
人間性を上げて、周波数を上げて、高い波動になって、
次にステップアップする。

簡単に言えば、弥勒の世、愛の世界の地球にしなければならない。

ところがまったく今、真逆の方向に行っている。
それを人生という人間の生き方でみれば、
「滅びの生き方」と「永遠の生き方」と
2つに分かれてしまっている...。

それは、食べ物を選択することによって、
どういう生き方をするかによって、
滅びの道にも行くし、永遠の道にも行く。

問題なのは今、ほとんどの人たちが滅びの道に行かされて、
お金を取られている。

でも、そういう仕組を作っている人たちも、出した波は帰ってくる。
やがて滅びちゃうんじゃないですかね、そういうことをやっていると...。

そういう人たちを敵対心を持って倒してもだめなわけですよね。

結局彼らも人間の魂の鍛錬だとか、
人生の成長のための社会構造・大劇場をわざと作ってくれてるんですよ。

いろんな階段がないと上には登っていかれない。
だから階段やステップを彼らが作っていると僕は思うんですよ。

逆に言えば、彼らはそれをわかっていないので、
生まれたときからそういうエゴの家庭に育って取りつかれているから。

逆にその闇夜の心に光を、心の波動を上げてあげる、
愛でもって立ち直らせていくのが、
これからの弥勒の世・愛の世界を創る人たちの大きな役割だと思うんですよ。

地球というのは、三次元から愛の世界を創る
すごい体験の場なんだよということです。

そして現代は、体験はもう終わりだよ、あまりにもその体験は
酷い方向に行き過ぎちゃったので...。

このままでは体験どころか、
地球が、多分、人類が滅びると思うんですよね。


自衛隊の中でハイハイと言って、真実など語らなければ、
もっと昇進していたかもしれません。

それでも、本質的な道を選んだのは、それは、
「人は何のために生まれてきているか」に尽きます。

その大きな流れの中で、
今回はたまたま池田整治として自衛官としてやってきて、
今は「真実の語り部」しているんだけど、
今の肉体の人生の80年だけじゃないということなんです。

この肉体の人生を終える時、
愛の世界に生きるにふさわしい魂に成長しているか、なんです。

そして、そのために「真実の語り部」として生きているのです。
できる限り...。


2)どれほど すばらしい地球にしたいと想っているのでしょうか。

地球に生まれたものがすべて愛で生きる世界、
共生の世界にしたいと思います。

それぞれ役割を持って微生物、植物、動物、人間が存在して...。
人間はガイアの一細胞だと思うんですけど、地球が愛の世界に上がるとともに、
人間の意識が上がらない限り、ガイアも上がりようがないと思います。


3)地球やこどもたちの未来に何を残したいですか。

未来永劫、動植物とあらゆるものと共に生きているという、
生まれながらにして、動物や植物と会話したり、楽しく生きたりする、
すべての人との愛ある楽園を残したいと思っています。


4)「LASTRA」は愛の楽園を創ろうとしていますが、
あなたの担うこの星へのビジョン、楽園づくりの役目はありますか?

西宮に3年半ぐらいいたんですが、瀬織津姫に呼ばれて、
神社で毎日アセンションの成功を祈っていたのです。

そして、MARTHと知り合ったということが、
ひとつの大きな出会いでした。

そのために西宮に行ったんだなということがわかりました。

滅びの道から永遠の道、弥勒の世・愛の世界と言っても、
頭の中の話じゃないですか、具体的にどうしたらいいのか?

という時に、MARTHと知り合えて、東への道という日本本来の役割、
愛の国を創るためにイザヤナギードが400万人連れてきたという物語。

それも全部含めてMARTHさんの
Lastraが実は弥勒の世・愛の世界の具体化そのものなんですよ。

滅びから永遠の道へという具体的な道が、
ラストラそのものだったわけです。

はい、永遠の道、愛の道の具現化がラストラそのものということで、
感動、感銘を受けたわけです。

それに出会って、今があります。
自分もこれからその一員になって、
そして、自分の役割を果たしていくのだと思います。

私は真実の語り部ということを10年間ずっとやってきているわけですが、
嘘の世界の中で、ラストラと云われても
最初は何のことかわからないかもしれません。

嘘の世界の中で生きていると、
ホントのことがわからないわけです。

そういうときに、今の現状はこうだよと真実をしっかり伝える。
本当のことを知れば、人は生き方が変わると思います。


5)さいごに LASTRAの仲間たちと共に生きるとしたら、
どのような未来が見えますか?その想いをおきかせください。

今は、地球の最後のチャンスだと思います。
地球自身が愛の世界になりかけているわけです。

今、これを逃してしまうと、地球というガイアから人類に、
「あなたたちはできなかったから必要ないよ」
と言われてしまうようなピンチであり、
でもラストチャンスの時だと思います。

だから気づく人も多くなってくるし...。

そんな中、気づきのため、先駆けの人が必要だと思うんです。
その型を演じるのが、ラストラだと思います。

まさに2680年前にイザヤナギードが愛の国を創るために連れてきた日本人、
大和がイザヤナギードが具現化したものであったわけです。

2680年経って、いよいよ愛の世界になるときに、本質という形を変えて、
もっと高い次元で、みんなが本当に正義があって、愛があって、
本当に豊かで光輝く、そういう人たちだけが住んでいる惑星になっている
というのが、これからの地球だと思います。

その最初の光、作戦幕僚的に言うと、宇宙戦艦ヤマトですよ。


☆最後に...
嘘の世界の中では、いいという評価をされているものは、
彼らがでっち上げた嘘の存在なんです。

真実は逆にたたかれているから、今の社会の中では、
悪人と通常思われている人の中に、愛の人がいると僕は思っています。

その人の情報処理能力、判断能力なんですよ。
それはその人の波動の能力、意識の高さ、魂のレベルなんです。

波動力学では数値で表すことができると思います。

0が悪魔で天使が1000。
愛の世界の人は800以上。

中東で戦争ばかりしてる人は100。
人類の平均は400。

日本人は550。
あなたは?

大丈夫。

これから10年で、800以上に...。


***********************

2680年前、中東のふるさとの全てを捨てて、
愛の国を再建するために、
真のヤマトの国を創るために私達の先祖は、
1万キロを超える厳しい旅を経て
この列島にきました。

今こそ、その原点に帰る時です。

すべてはひとつ。

 音楽は、理屈を超えて、感性で心を拓き、
目ざめさせてくれます。

まず、完成した「メジャーライン東への道」をご試聴ください。

  https://verse-oneworld.ssl-lolipop.jp/link/ikd2018/
   (メジャーライン東への道:池田整治HPから)
  https://youtu.be/lj5inAeILug
 (世界の見本となる愛の国を創るために)

********************

★ラストラ―がオンラインショッピング!★

●「Lastra HEALING ONLINE SHOP」
MARTH氏の本物坑酸化ヒーリングショップ
・世界中から電子が正しくまわっているもの
・自然栽培や天然力をつよく持ったもの
・本来大自然が持っていたとてつもない天然力を備えた
この星の奇跡のようなものたちを探し見つけ
セレクトして生みだしお届けします。

「Lastra HEALING ONLINE SHOP」はこちら
https://shop.lastramu.com/

*******************

*【勉強会等】

●1月26日 坂ノ上零さんとの対話講演in大阪
  http://ikedaseiji.info/2020/01/in-111.html

●3月8日 運命を変える日 地球が変わる日in東京
  http://ikedaseiji.info/2020/03/post-752.html





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード