池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

朝鮮半島情勢再考

【朝鮮半島情勢再考】

朝鮮半島情勢を考察するうえでいい「教材」が生まれました。
「韓国海軍レーダー照射事件」です。

2018年12月20日午後3時頃、能登半島沖の日本海において
韓国海軍の駆逐艦「広開土大王」(クァンゲト・デワン、DDH-971)が、
海上自衛隊のP-1哨戒機に対して火器管制レーダー
(射撃管制用レーダー)を照射したのです。

火器管制レーダーとは、まさに「撃墜」のための戦闘行為であり、
公海上でしかも「友好国」の 航空機を「狙う」など
世界常識ではありえません。

日本からの妥当な抗議に対して、
韓国の文政権が「レーダー照射はなかった」、
さらには日本機の「低空侵攻の脅威に対処」した等、
自国に都合のいいねつ造主張ばかりしております。

韓国は、戦前ばかりか戦後も膨大な無償の
日本の経済的支援等で近代化したにもかかわらず、
「慰安婦問題」「徴用工問題」等をねつ造しては、
日本からお金を毟り取り、
「恩を仇で返す」行為を国を挙げて行ってきました。

その原因は、建国以来の徹底した「反日教育」に
あることは言うまでもありません。

立国からして、
抗日解放戦争で独立を勝ち取ったという「フェイク」ですから、
国民総員でどうしようもない洗脳下にあるわけです。

それ故に、マインドコントロールが解けない国民を
まともに相手をしても解決はしません。

ただ、世界常識に則り、毅然とした対応をとって距離を置き、
「感化教育」して、洗脳が解けるのを待つほかありません。

真の問題は、何故戦後韓国がそのような「反日国」にされたかを
しっかり認識することです。

これまで拙著等を読んできた読者にはわかると思います。

軍産複合体等世界金融支配体制が、二度と日本が立ち上がって、
アジアのさらには世界の指導的国家にならないように、
つまり彼らのエゴの金融世界支配の脅威とならないように、
反日思想で韓国をつくりあげたのです。

いわゆる「離間工作の罠」です。
(詳しくは同題名の拙著をご確認ください)

仮に南北和解して統一朝鮮国家ができたとしても、
「反日」である限り、日本との対立構造は残ります。

対立させて、裏から双方を支援(コントロール)して、
富を収奪する体制は続きます。

重要なことは、
日本がこれ以上彼らのエゴの世界支配下に陥ることなく、
真の独立を獲得して、
逆に彼らの世界支配を終焉に導くことです。

調度いいタイミングで
「2018年を一言でいえば...日本独立への燭光(ともしび)」が
船瀬図書館に載りました。

日本一になった「おとぎの国の夕陽」など5枚の写真入りです。
是非、お楽しみください^^

http://min-voice.com/2018-14297.html
(船瀬図書館「2018年を一言でいえば...日本独立への燭光」)

++++++++++++++++++++++

*ホンマルラジオ湘南*
番組OnAir(30分トーク番組)
↓↓↓↓↓↓↓
http://honmaru-radio.com/twinray0075/
(番組はいつでもどこでも聴けます!)
ツインレイ夫婦の地球でワクワク♪ピクニック
池田 整治先生が起こし下さいました!

「湘南だから!」
とノリノリのトークで楽しい番組に
してくださいました!

さぁ!2019年をあなたは どう生きますか⁉️

+++++++++++++++++

*【勉強会等】
●1月26日 イシキカイカク大学講義(1)
   http://ikedaseiji.info/2019/01/post-674.html
●1月27日 日本の天命と未来ビジョンin博多
http://ikedaseiji.info/2019/01/in-92.html
●1月30日 オープンハウスセミナー:ティ
   http://ikedaseiji.info/2019/01/post-676.html
●2月8日 オープンハウスセミナー:ティ
   http://ikedaseiji.info/2019/02/post-682.html
●2月9日 本当のことを知れば生き方が変わる3
...滅びの道から永久の道へin東京
   http://ikedaseiji.info/2019/02/in-93.html
●2月20日 オープンハウスセミナー:ティ
   http://ikedaseiji.info/2019/02/post-683.html
●2月21日 2月西宮勉強会(30回)
   http://ikedaseiji.info/2019/02/post-684.html





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード