池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

日本男子四人に一人生涯未婚

【日本男子4人に1人生涯未婚】

 国立社会保障・人口問題研究所の調べによると
2015年時点で、男性の4人に1人(23.37%)、
女性の7人に1人(14.06%)が生涯未婚ということがわかった。

45年前の1970年では、男性が60人に1人、女性が30人に1人だったが、
バブル経済が崩壊した1990年頃から急激に増えている。

このままの勢いだと、50年後ぐらいには結婚ゼロ時代に!?

 これを都道府県別に分析すると様々な問題がみえてくる。
 先ず、男性から見ていこう。

 未婚率の高い県は、1位沖縄26.2%、2位岩手26.16%、
3位東京26.06%である。

逆に低い県は、1位奈良18.24%、2位滋賀18.25%、
3位福井19.19%となる。

 男性の場合、沖縄を除き、概して北・東日本に生涯未婚が多く、西日本に少ない。

 
 次に女性を見てみよう。

 未婚率の高い県は、1位東京19.20%、2位北海道17.22%、
3位大阪16.50%である。

因みに、4位高知16.48%、5位沖縄16.36%と続く。

逆に低い県は、1位福井8.66%、2位滋賀9.21%、
3位岐阜10.00%となる。

 女性の場合は、男性とは逆に概して西日本に生涯未婚が多く、東日本に少ない。


 さて、女性の自立は「経済」から、男性の自立は「自炊」からと言われる。

 女性の未婚率の高い、東京、北海道、大阪さらに高知、沖縄は、
確かに女性が逞しく自立しているのかも知れない。

家庭内暴力で苦しみながらも、経済的に依存していれば、
我慢の人生とならざるを得ない。

経済的に自立していれば、
そういう結婚を本能的に回避しているのかも知れない。

 もし、男女ともに1000万円の収入があり、ともに自炊もできるとして、
「それでも一緒に過ごしたい」と思える相手が、真の結婚生活の基礎だと思う。
 
いずれにせよ、現代の日本社会の問題は、
男女ともに安心して結婚生活を送れるだけの
経済的基盤の確立ができないことがネックとも言える。

 かっての日本経営の基本は、
「従業員とその家族を裕福にする」ことであった。

それが最近はアメリカ金融経済化されて、
「オーナーと株主の利益だけ」を追求する経営に落とし込められてしまった。

二極化が進み、派遣・バイトの従業員は喰うだけが精一杯で、
幸せな結婚など出来なくなった。
 
 いずれにせよ、「従業員とその家族の幸せを第一義とする日本経営」
に立ち返る日まで、自助努力しかない。

 高齢化社会となり、24歳から60歳まで36年間働いたあと、
96歳までの36年間の無給の老後時代が待っている。

 生涯自立して幸せな人生を送るには?

 まさに、こういう点でも、
サバイバル時代を逞しく生きる叡智が求められる。
 
+++++++++++++++++++++++++++
*【真実を知る原典・目覚めの原点...】
「マインドコントロール1、2」(ビジネス社)
  http://ikedaseiji.info/books.html
*【勉強会等】
●4月9日 オープンハウスセミナー:ティー
   http://ikedaseiji.info/2017/04/post-507.html
●4月21日 4月西宮勉強会(第9回)
    http://ikedaseiji.info/2017/04/post-502.html
●4月26日 オープンハウスセミナー:ランチ
   http://ikedaseiji.info/2017/04/post-508.html
●4月27日 池田ゼミ 3th (有意な生き方、演習編)in京都
    http://ikedaseiji.info/2017/04/-3th-in.html
●5月13日 Yokohamaゆめの舞主催イベント講演
    http://ikedaseiji.info/2017/05/yokohama.html





池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード