池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

それぞれのクリスマスケーキ

【それぞれのクリスマスケーキ】

12月23日、天皇誕生日の朝。

娘に前夜から頼まれていた、いちご、みかんの缶詰
それにパイナップルの缶詰を買いに、
瀬織津姫が祀られている広田神社そばの関西スーパーまで車で行く。

距離にして1キロメートルぐらいか。

なんでも、大学の友だちの下宿でクリスマス会をお泊まりで行うようで、
娘・真菜がトライフルケーキを作ってもって行くらしい。

妻の手書きの大学ノートレシピを戸棚から引っ張り出して
真剣に作り始める。

暫くすると、台所から

「お父さん、牛乳と生クリーム買ってきて」

どうやら、何かに失敗したようだ。
再度、車で出かける。

さらに娘は、ネット情報等も駆使して真剣に作るも・・

「アワがうまく立たない。お父さんもう一度生クリーム買って来て」

再再度車でスーパーに。
文字に書かれていない、ちょっとしたコツがあるのかも知れない。

妻がそばにいればすぐに対応できるのだが、
あいにく妻が東京出張から帰るのは今夜だ。

時間は午後1時を回り、友だちとの待ち合わせ時間が近づく...

それでも無情に、生クリームのアワがうまく立たないようだ。
私も数限りなく妻の横で見ているが、泡立てで失敗を見たことがない。

いずれにせよ、時間との勝負で、娘の判断に任せるしかない。

すると・・

「お父さん、市販のできあがったデコレーション用の生クリーム買ってきて」

もちろん、私もそんなモノ買ったこともなく、
キョトンとしていると、スマホで検索した画像を見せてくれる。

とにかく、時間が勝負。急ぎ4度目のスーパーに。
帰ると駐車場で受け取り、最後のデコレーションをする。

そして、車で今度はお泊まりグッズと「真菜風トライフルケーキ」を
もった娘を駅に送る。

「ゴメン、散らかしっぱなしで!」

帰宅して台所見れば、確かに洗い場は、
失敗したケーキと鍋等で「残骸の山」。

友だちにもっていくお残りで、
午後においしい珈琲とケーキでティータイムと目論んでいたが
まさにアワと消えた。

それでも、残片を集めて、
生クリームなしの「池田風トライフルケーキ」を作る。

材料そのものは、シフォンケーキもベーキングパウダーも使わず、
酢と塩だけで泡立てて化学物質を一切つかってないので、
素材の味で結構美味しい。

そして、気合いを入れ直して、
台所の洗い上げと洗濯物の取り込みを一気に。

特に流し場はぴかぴかにして、
数時間後十日ぶりに帰宅する妻に「申し送る」。


駅に迎えに行った帰りの車中で妻に泡立てが上手くいかない理由を聞けば、

「泡立て器のブレードをしっかり乾燥させてないから」

「へ~~!!」^^;

何故、ここまで手作りにこだわるのか?

今、DNAが壊されて、
病気どころか3代で日本人がいなくなっています。

DNAを壊す物は、石油化学物質、放射能、遺伝子組み換え食品等々。
これらは60年前まではなかったものです。

怖いのは、真実を知らされない日本では、
これらは増える一方です。

でも、長崎原爆の爆心地から僅か1.8kmの聖フランシスコ病院の全員が
秋月辰一郎医師の天塩やみそ汁等の食事指導で、
だれも原爆症に罹らなかったように、
口養生で健康を増進できるのです。

そう。

お母さんの賢い口養生で、
  「滅びの道」から「永久の道」へ。

この国と文明の未来を救うのは、
  草の根口コミで真実をひろめることです。

だから、我が家は、安全、迅速、美味しい手作り料理にこだわります。


*真実を知る原典・目覚めの原点...
「マインドコントロール1、2」(ビジネス社)
  http://ikedaseiji.info/books.html

*【勉強会】
● 1月8日  こうすれば日本はきっとよくなる!in大阪
   http://ikedaseiji.info/2017/01/post-472.html
● 1月14日 こうすれば日本はきっとよくなる!in名古屋
   http://ikedaseiji.info/2017/01/post-473.html
● 1月20日 1月西宮勉強会(6回)
   http://ikedaseiji.info/2017/01/post-480.html
● 1月22日 池田ゼミ 「有意な生き方への第一歩」...その1 食養生と放射能in京都
   http://ikedaseiji.info/2017/01/-






池田整治のメルマガ・心のビタミン
読者購読規約
powered by まぐまぐトップページへ
 

フィード